くべーら

昨年、株のみで400万稼いだたっちょと人材業界4年目のごうちゃんが株と転職の情報を提供する。

【転職】理想のキャリアチェンジを叶える近道とは、、、

こんばんは!!

くべーらです!!

 

最近、キャリアチェンジを希望される方が多いので

今回は「うまいキャリアチェンジの仕方」について

ブログを書いていきます!!

 

 

f:id:Tana35:20200506230021p:plain

 

よくある失敗例

まず、求職者をサポートしている中でよく見かける

苦戦している例をお伝えしたいと思います。

 

苦戦している例から色々なことを気づかされてきました。

その気づきをブログを読んでいる皆様にも共有したいと思います。

給与を気にしすぎて選考が通過しない

求職者をご支援していてうまくいかない上位に入る理由が

給与を気にしすぎるです。

 

営業からエンジニア、人事など全くの別ポジションを

希望しながら現状と同じ給与、もしくは

現状以上の給与を求める方がいらっしゃいます。

 

お話を聞いていて感じることは「難易度が高いなあ、、、」です。

というのも人事の目線に立って考えると分かります。

 

人事が採用するのは

 

「活躍する人材の確保」

「長期就業できる人材の確保」

 

です。

 

未経験ポジションに即戦力は期待していません。

即戦力でないということは給与が下がります。

 

また、人事は社内のモチベーションを管理することも仕事です。

社内でコツコツと働いてきた生え抜きと中途採用で未経験の方で

同じ給与でしたら生え抜きの方はモチベーションが下がります。

 

そのため、未経験で中途採用の場合は元々の給与にもよりますが、

下がるかよくて現状維持が一般的です。

 

給与アップを求めすぎるとまず選考が通過しません。

高い給与を出しているポジションでは経験者も応募していることが多く、

経験の観点で負けてしまい、合格にたどり着ける可能性が低いです。

社格にこだわりすぎて選考が通過しない

2つめの大きな理由が社格を気にしすぎるです。

こちらの方もなかなか苦戦をする印象がございます。

 

というのもライバルが強いからです。

大手企業の求人はポジションにもよりますが、

かなり多くの求職者の方の応募がございます。

 

人気職種ですと、1名募集のポジションにて

求人を開いて1週間で100応募なんてざらにあります。

 

その中で経験者の方もいらっしゃいます。

他者比較で負けてしまい内定が取れないことも多くございます。

 

最近担当した求職者の方がまさにそうでした。

 

大手自動車メーカー系の子会社で営業で働かれている

20代前半の方です。日東駒専レベルの大学出身で

TOIECも800点近くスコアを取得しており優秀な方です。

 

しかし全く書類通過をせず、30社以上受けていますが、

いまだに書類選考通過実績がありません。

 

まさにこの事例です。大手IT企業しか志望されていないことが要因です。

営業という観点では親和性はあるものの、それ以外では親和性は

あまりなく、ほぼ新卒と変わりがありません。

 

他にどのような求職者が応募されているか見ましたが、

やはり、学歴や経験が優れている方が多く、他者比較で

お見送りになるのもいたしかたないなと感じました。

 

大手企業を選ぶことはいいとは思いますが、

固執しすぎるのはあまり好ましくないかと思います。

 

他者との差別化であったり、転職目的の整理をし、

何が本当に必要か内省したうえで進めると良いですね!!

段階を踏んでキャリアチェンジしよう

ではどのようにキャリアチェンジを進めればいいのか。

段階を踏んでキャリアチェンジをするです。

 

大事なのはどのような社格、どのような条件より先に

どのような業務ができるかです。

 

いきなり条件が良く、社格もいい会社を目指すのではなく、

まず経験を積み、いきたい企業に行けるスキルを身に着けることが重要です。

 

人事で大手企業にいきたいのであれば、いきなり大手企業の

人事を狙うのではなく、まず人事を未経験でもやらせてくれる

企業にて経験を積んだうえで大手企業の人事を目指すといったことを

されるといいと思います。

 

お仕事の経験があり、経験に基づいた志望理由を

ぶつけることによって他の求職者と差別化ができ、

最終的に最短距離で叶えたいキャリアチェンジが可能になると思います。

 

人事だけでなくても同じことが言えます。

マーケティング、新規事業立ち上げ、海外営業とかが多いですね、、、)

 

長くなってしまいましたが、求められるポジションでどのようなスキルが

求められているか確認したうえで、そのスキルを段階的に身に着けてから

選考に臨んだほうがいいというお話でした。

資格を取ろう

職種によりますが、資格はかなり有効的です。

他の求職者との差別化ができるからです。

 

また、本当にその職種でやっていくといった

気概をアピールできるからです。

 

ITエンジニア職や経理労務などの職種は

資格を取得すると企業様から評価されることが多いです。

 

最近、ご支援していてあった例でいいますと、

28歳の求職者の方がITパスポートと基本情報処理の資格を

取られてエンジニアを志望されていました。

 

28歳でキャリアチェンジはなかなか厳しいことが多いです。

しかし、その方は2か月といった短い期間でスムーズに

転職活動が決まりました。資格を持っていたからです。

 

元々のアドバンテージがあることはもちろん、志望動機、

自己PRにも資格を踏まえることができるので内容が厚くなります。

 

そのため、かなりキャリアチェンジでの転職活動が厳しい

28歳といった年齢でもうまく転職活動を進め

成功させることができたのだと思います。

最後に

キャリアチェンジを叶えたい方は、いきたいポジション、

企業を明らかにした上で現状の自分のスキルとの

GAPを洗い出すと良いかと思います。

 

GAPがある場合は資格取得、段階的なキャリアチェンジを

試みると効果的に転職活動が進められるかと思います。

 

少しでもご自身の叶えたい人生の後押しになれば幸いです。

以上

 

※以下バナーから同分野の人気ブロガーの

 ランキングが見れます!!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村