くべーら

昨年、株のみで400万稼いだたっちょと人材業界4年目のごうちゃんが株と転職の情報を提供する。

【面接通過率UP】現役キャリアアドバイザー直伝!面接対策方法

こんにちは。ごうちゃんです。

さて、今日は面接対策のコツを
書いていきます!

このブログを読むと
面接の準備の仕方が明らかになり、
面接通過率と効率が格段に上がります!

f:id:Tana35:20200314202348j:plain

書類選考が気になる方は以下記事をご覧ください。
kabushiki.hatenadiary.com

企業が見ているポイント

まず、対策をするには敵を知らねばなりません。
企業は求職者の何を見ているのでしょうか。

ポジションの仕事ができそうか

企業人事は募集ポジションの
仕事ができるかどうか
を見ています。

意外とこの観点が抜けている求職者の方が多いです。

よくある例が、20代中盤の営業職一筋の方が
「ウェブマーケティングがやりたいです!」と仰る方。

自己PRを聞くと
「新規開拓力です!」
「コミュニケーション力です」
などとと答える方が非常に多いです。

しかし、ウェブマーケティング職では
あまり上記の力は求められません。

WEBを通した集客をするお仕事ですので、
WEBに関する知識を蓄える継続性や、
アクセス履歴から数字を見て、
仮設を考える力が必要です。

そのため、企業が求めているものと
相違があり落ちてしまう
ことが多いです。

そんなことしないよと思う方
多いかと思いますが、
転職理由が叶えられるかと
いった点に頭が向かいすぎて
意外とおろそかになっている場合が多いです。

転職理由が叶いそうか

2つ目は転職理由が叶えられそうか
どうかを見ています。

その理由は長く続けてくれそうか
といった点を人事は見ている
からです。

例えば、総合職で営業メインに
配属されるポジションで、
企画を強く志望する方は
ミスマッチが生じるため、
落とすといったケースがございます。

また、転職したいと思った背景が
上司と合わないからと言った理由であると、
運悪く悪い上司に当たってしまったら
すぐにやめてしまうリスクがあるため
見送る場合が多いです。

以上から転職するきっかけは上記を見定め、
長く続けるか判断するために確認します。

そのためにも実際にやりたいお仕事や
求めている条件が叶うかは
確認する必要がありそうですね。

自社に動機があるか

自社に動機があるかも見ています。
具体的に事業やお仕事内容に
興味があるか
を見ています。

転職理由が叶えられても、
やりたいお仕事でなければ
しっかり働いてもらえませんし、
長く続けてくれなさそうですよね!

実際に興味を持った理由、エピソードを通して
本当に自社に興味があるかを確認しています。

どう準備すべきか

何を企業が見ているか分かったかと思います。
とはいえどのように準備していいか
なかなかイメージが湧きませんよね。。。

なので、現役キャリアアドバイザーが
どうやって準備したら効果的に
準備できそうか考えてみました!!

企業の情報収集

まずはホームページを見て
企業の情報を集めます。

特に事業内容、仕事内容をメインに調べます。

事業に関しては商材、ビジネスモデル(売上の仕組み)
将来の事業展望
について確認します。
余裕があれば決算短信やIRなど見ると
現在の事業の状況や
今後の展望等も詳しく
書いてあるのでいいかと思います。

何をどのように売って
利益を上げているか
説明できるようになると完璧です!

次に仕事内容です。
ポイントは
「誰に何をどのように進めているのか自身で説明できる」
「お仕事で求められる素養を自身で説明できる」です。

次の項目でどれくらいの粒度まで
調べれば良いのかお伝えします。

経験と仕事内容、志向の接点を考える。

次に自分と企業の接点を考えます。

まず、自分が行うお仕事内容を確認しましょう。

例えば、携帯販売のお仕事であれば、

【商材】携帯、インターネット、電気、保険
【商材単価】1万円程度
【顧客】一般消費者
【販売スタイル】
・反響販売。目標が月次である。
・相手のニーズを汲み取った上で販売、提案をする。
【求められる素養】
・説明能力、相手の気持ちを踏まえたコミュニケーション能力
・傾聴力、商材を覚えるための継続性、数字を達成する計画性

と自分がお仕事のイメージが
湧くまで考える必要があります。

その方が自身との接点を
具体的に伝えることができます。

次に自分が過去に努力したことを
洗い出しましょう。

ポイントは成果を定量的に書くことと、
成果を出すためにやったことを
具体的にする
ことです。

例えば営業なら売上成果を出しただけでなく、
売上成果は目標に対してどれくらい出したのか。
成果を出すために何をどのようにしたのかまで
考えられると良いです。

例えば、

2018年下半期に部内MVPを
取ることができました。
目標が1000万に対し、
2000万売り上げることができました。

その要因は計画を誰よりも早く立て、
計画を遂行しきったからです。

上期のタイミングから、営業計画を立て、
どの顧客にいくら売るか計画を立てました。

そして、具体的にどの顧客に
いつ何をするのか計画を立てました。
計画を遂行しながら週次で進捗状況を確認し、
課題特定、打ち手実行を行い続けたがために
計画通り成果を出すことができました。

御社の携帯販売職でも、目標を見据えながら
販売活動を続けていきますので、
私が現職で培った経験が活かせると考えております。

といったように成果、行動を
具体的に記載すると企業も
どのように活躍してくれそうか
イメージが湧きます。

そして、接点もあるので
活躍してくれそうだと人事も思えます。

人事は通過させる際、上司に
通過させた理由なども
説明しなければならないので、
人事が上司に説明しやすいかと
いう観点で考えると良いです。

能力、素養と仕事内容の接点の次は、
自身の志向性(転職理由)と企業との
接点を考えましょう。というのも
いくら能力があっても転職理由が
叶えられなくて早期離職になってしまっては
本末転倒だからです。

「裁量を持って働きたい」や「フラットな環境で働きたい」
「残業を減らしプライベートの時間を確保したい」など
色々転職をしたい理由はあるかと思います。
自身が転職をしようと思った理由を整理しましょう。

次に、先ほどと同じように
企業の情報を洗い出しましょう。

「事業内容」「仕事内容」「条件」といった観点で
企業の情報を求人、HPなどで洗い出しましょう。

そして調べた情報から自身の転職理由が
叶えられそうかを確認します。

企業について聞きたいポイントをまとめる

一連の準備をしてきたかと思います。
しかし、どうしてもホームページを
見るだけでは分からないことも多々あると思います。

そのため分からないポイントを
まとめましょう。

分からないポイントがクリアになることも良いですし、
企業は分からないポイントをまとめて
質問するかどうかで意欲のあるなしを見ています。

一つ注意点があります。
それは福利厚生の質問をしすぎないことです。

というのも、福利厚生の質問ばかりしすぎると
企業から就労意欲が低いのではと思われるからです。

私、企業担当をやっていたこともございますが、
それでお見送りであったり、
トラブルが起きかけたことがあったので、
あまりしないことをおすすめします。

条件面は内定を取った後に聞くほうが
合否に関わらないので無難かと思います。

意欲をアピールするためにも、
仕事内容、事業内容、社風といった点を
詳しく聞くと良い
かと思います。

アウトプットの練習をする

ここまで、自分の頭で準備をしてきたかと思います。
最後の仕上げは実際に話してみることです。

話してみたり、質問をされることでより
内容がブラッシュアップされます。
ですし、考えたつもりでも話してみると
意外とうまく話せないこともあります。

以前、40歳の求職者を担当していました。
その方は前職では人材領域のお仕事で
大手企業にて営業売り上げ全国1位を
出したことがありました。

また、現職では起業をし、売り上げを
0から何十億まで大きくさせてきた優秀な方でした。
私もこの方なら面接もうまくやれるだろうと
高をくくってあまり面接対策は行いませんでした。

しかしなかなか面接が通過しません。
驚いて企業担当にお見送り理由を聞いてみると、
実績、仕事内容に関してのお話が整理されていないと
フィードバックがありました。

優秀な方で、ご経歴、書類が輝かしくても
実際に整理してお話を練習をしていない
と落ちてしまうのです、、、

自己PR、志望動機をメインに友達や
エージェントなどを利用して
練習をしてみる
といいかと思います。
そうすることで面接対策にもなりますし、
自分の整理にもつながります。

最後に

今回は面接対策をメインにお話をしていきました。
大事なことは自分と企業の接点を意識することです。

面接対策を通して、通過率向上はもちろんですが、
自身の内省を深め、より自分らしい選択につながるといいなと
個人的に思っております。
少しでも自分らしい人生を
歩む手助けになれば幸いです。

以上。

kabushiki.hatenadiary.com

https://kabushiki.hatenadiary.com/entry/tensyoku_2kabushiki.hatenadiary.com

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/mvsx0ktbikvb/

※以下バナーから同分野の人気ブロガーのランキングが見れます!!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村